軍用無線のブログ JA2GZU suzuki shinichi

軍用無線機 船舶無線機 短波受信機 米軍最新兵器情報 アマチュア無線など

2007年08月

日本航空123便墜落事故   米軍 幻の救出劇!!

811



在日米軍が謎の救助中止…御巣鷹から37年
 JAL123便墜落から37年前あのときなにが?

JAL123墜場所は米軍が把握して救助しょうとしてたが突然に撤収命そのとき生存者だつた人たちまだ多数の人が生きていたと証言している結局 日本側の救助たいが現場を見つけたのは夜開けだつたなにがあつたんだーー中曽根総理大臣に問う 米軍輸送機C130がJAL123便の異常を察知し、交信を傍受米軍横田基地から直ちに捜索開始命令が発せられ、20分後にそのC130が墜落現場を特定し座間から救難へりUH-1も到着し、直ちにロープを下ろし救助を始めようとしたところで、そこへ横田から帰還命令が発せられた。そして口外するな、と日本側とバトンタッチする際に、米軍から当然に正確な位置情報が伝えられたはずなのに自衛隊は誤報を繰り返したその誤報によって現場に向かっていた救助隊が混乱し、救助の開始が大きく妨げられたと考えられ、助かっていた筈の尊い人命が、無残にも多数失われたと推察されます米軍が現場から撤収したあと、救助開始までの10時間以上、いったいなにが行われていたのか?


日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年(昭和60年)8月12日、日本航空(当時)123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747 SR-100、登録番号JA8119のジャンボ機が群馬県多野郡上野村の高天原山(たかまがはらやま)に墜落した事故である
死亡者数は乗員乗客524名のうち520名にのぼる。この数字は日本国内で発生した航空機事故では最大であり、世界の航空事故では全体の中で2番目、単独機の航空事故では最大である 生存者は4名であつた救助が早くおこなえたら多数の人が救助されたのではないでしょうか




あす8月12日 JAL123墜落事故から37年
在日米軍が謎の救助中止…御巣鷹から37年、新聞・テレビが報道しなかった日航機墜落事故のタブー!
日航ジャンボ機123便が群馬県・御巣鷹の尾根に墜落した8月12日、テレビ各局は報道特別番組を編成、放映しただが、今年もあの問題にはどこも触れなかった。そう。10年前に発刊された『御巣鷹の謎を追う 日航123便事故20年』(米田憲司/宝島社)で詳細に指摘され、本サイトでも1年前に取り上げた、在日米軍機の救助中止問題だこれは、当時、横田基地に配属されていたマイケル・アントヌッチ中尉が証言したものだ。事故当日、日航機がレーダーから消えたすぐ後の7時15分、アントヌッチ中尉が乗ったC-130がいち早く事故現場を特定し、到着。横田管制に正確な位置を報告し、救援を要請していた。実際に、米海兵隊が厚木基地からヘリコプターで救難に向かい、8時50分には現場についていたところが、突如、帰還命令が出され、救助活動は中止になったのだ。しかも、日本側はなぜか墜落地点を把握できず、防衛庁が4回にもわたって全く別の墜落地点を発表するなど、混乱状態に。結局、日本の救助隊が墜落地点に到着したのは16時間後だったアントヌッチ中尉はそのまま在日米軍が救助活動を続けていれば、もっと多くの人が助かっただろうと証言していたしかし、この証言はこれまでほとんど新聞やテレビでまともに検証・報道されることなく、タブーとして封印されてきたのだそれでも、事故から30年目となる今年は、いくつかの番組で事故現場特定の問題点を扱っており、なかには、もしや?と期待させられた番組もあったたとえば、『日航ジャンボ機事故 空白の16時間 ~“墜落の夜”30年目の真実~』(NHK・8月1日初回放送)は、墜落から事故現場の特定までにかかった約16時間を丹念に追ったドキュメント。警察や防衛庁の内部資料を掘り起こし、関係者100人以上に取材をしたという労作だ
当時の航空自衛隊の幹部や長野県警の現役警察官に加え、事故現場に急行した自衛隊救難ヘリ2人の機長の証言まで織り込んで、現場の混乱ぶりや防衛庁と警察の足並みがそろわなかった実態を明らかにしている。
 ところがこの番組中でも、在日米空軍のC-130輸送機がいち早く現場に到着していた事実を全く報じていない。
特に番組内で「自身の経験が役に立てば、と今回初めて証言をしました」といわば鳴り物入りで登場した当時の救難ヘリ機長・林璋三等空佐(当時)の話には拍子抜けした。
 実は、林氏が証言をしたのは厳密にいえば初めてのことではない。事故のあった1985年11月号の『航空ジャーナル』で航空評論家の青木謙知氏の取材に答えているのだ。
 そのなかで、「現場に到着すると、上空を米空軍のC-130が旋回し、またその下にはUH1が飛行していた」「まずC-130とコンタクトを取り、その後UH1と入れ替わって高度を下げていった」という重要な証言をしている。
 つまり、自衛隊は米軍が先に事故現場に着いて待機していたことを把握していたわけだが、番組中で林氏はこのことには全く触れず、当日の事故現場の火災の様子や救助を断念して撤退した思いを語るだけなのであった。
 これでは、たとえ「初めての証言」だったとしても、真実の解明に役立つとはとてもいえないだろう。
 アントヌッチ証言によれば、自らが指示を受けて捜索に向かったことや、一緒に現場に待機していたUH1ヘリが乗務員を降下させる準備までさせていたのにもかかわらず、急遽司令部の命令で中止、撤退させられていたことも明らかにされており、この米軍の動きと自衛隊=防衛庁との間でどんなやり取りがあったかということが捜索活動の初動における重要な問題点であることは、取材する記者であれば分からないわけがない。
 事故調の報告書にまで「現場を通過中のC-130」と、あくまで現場を通りかかったようにしか書かれていないことと合わせて考えても、どうも、この事実を掘り起こして欲しくないという極めて政治的な作為を感じずにはいられない事象なのである。現場に最も早くC-130が到着していた事実は報じていたが、それだけ。なぜ米軍が救助にあたらなかったのかについての言及はなく、「米軍への救助要請も検討されたが実現はしなかった」とサラリと流してしまっている。

そして、この番組にも先の林元機長が登場していた。やっぱり米軍機のことは語らなかったのだが、墜落現場については、「間違いなく御巣鷹の南東ですよ、と報告しているのですが、それがどこでどう変わってしまったのか今もってわかりません」と述べており、正しい墜落地点が伝わらなかった捜索体制へ不信感を抱いていることは伝わってきた。それだけに、米軍についての証言だけは避けているかのような対応に、余計に不自然さを感じてしまった。
 事故を風化させないという観点からも、日航ジャンボ機墜落事故の番組が、この時期に作りつづけられる意味は決して小さくないだろう。
 ただし、そこには二度と事故を起こしてはならないという決意と、タブーなき徹底検証という意図がなければ、単なる夏の風物詩のようになってしまうのではないだろうか。
 今年のどちらの番組も、番組の端々にはその心意気が感じられるものはあった。しかし、だからこそあえて言いたい。タブーにも切り込んでくれる強さが見たかった、と。
(田部祥太)




イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6



日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年8月12日、日本航空(当時)123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747 SR-100、登録番号JA8119のジャンボ機が群馬県多野郡上野村の高天原山(たかまがはらやま)に墜落した事故である

死亡者数は乗員乗客524名のうち520名にのぼる。この数字は日本国内で発生した航空機事故では最大であり、世界の航空事故では全体の中で2番目、単独機の航空事故では最大である

JAL123墜落までの軌跡(無線交信等が記録されてる)
812



当時、横田基地に配属されていたマイケル・アントヌッチ中尉の証言


813


100
101
104
102
103
105
106
107
108
109
110
111
112
114
113
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
150
151
152
153
154
155
156
157
158



日航機墜落事故 米軍幻の救出劇 (米軍パイロットの証言)







日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年8月12日、日本航空(当時)123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747 SR-100、登録番号JA8119のジャンボ機が群馬県多野郡上野村の高天原山(たかまがはらやま)[1]に墜落した事故である

死亡者数は乗員乗客524名のうち520名にのぼる。この数字は日本国内で発生した航空機事故では最大であり、世界の航空事故では全体の中で2番目、単独機の航空事故では最大である

JAL123墜落までの軌跡(無線交信等が記録されてる)

812




墜落場所も早い段階で把握していたとされており、墜落から約1時間後に近くを飛行していたアメリカ軍機C-130輸送機が墜落現場付近上空に到着、詳細な現場の位置を測定する。

その後、アメリカ軍厚木基地から暗視カメラを搭載している海兵隊の救助ヘリコプターが現場に急行。墜落から僅か2時間で救助態勢が整っていた。救助のためにヘリから隊員を降ろそうとしたとき、基地の当直将校からすぐ基地に帰還するよう命令された。日本の事故に対するアメリカ軍の救出活動の参加には日本政府の許可が必要であったため、アメリカ軍は日本政府に支援を打診、政府は警察庁に連絡したが不要とされたと言われている。国内の事故に対するアメリカ軍の救出活動の参加と政府の迅速な判断に課題を残した。なお警察庁上層部がアメリカ軍の協力を拒んだ理由は明らかになっていないが、メンツが理由とも、国内の事故に指揮命令系統が違うアメリカ軍が介入することで現場に混乱をきたすことを避けたなど諸説ある。

この在日アメリカ軍による現場特定・ヘリによる救出の申し出は、事故当日にニュース速報として流されたが、翌日未明にはアメリカ軍の現場特定、救出活動の申し出はすべて誤報であったとして否定された。

佐藤守元空将は後日、在日米軍報道部長から確認したこととして、米軍から援助の申し出があったのは事実であるが、当時の在日米軍は特殊な機材を搭載したヘリコプターを装備しておらず、具体的な支援の内容は救出された怪我人の搬送等であり、さらにそれを日本側が拒否した事実もないとし、オーストラリアの新聞記事に無批判に追随した報道各社がデマを拡散させたと強く批判している[19]。これらの報道の流れは事故原因に関する憶測を呼ぶ一因ともなった。

なお、事故より10年後に、在日アメリカ軍の現場特定・救助の申し出は事実であったとして改めて発表されている。なお、上記の内容は後年に新潮社の週刊誌に詳細記事が掲載されたり、上智大学文学部が英語の入試問題として、このC-130輸送機の操縦士の手記を載せたことから再び議論が高まった

墜落場所がわからず捜索本部が長野県から群馬県にかわり
結局現場についたのは日の出とともに登った地元の消防団であつた

その後自衛隊のヘリコプターにより4名の生存者が救出されるが

その生存者の証言によれば墜落当初は多数の生存者がいたそうです

墜落1時間で米軍が墜落現場を特定し暗視装置をつけた
救出隊の出動を阻止した闇の集団はだれだろう
しかも墜落場所を捜査本部にも教えず
捜索本部が墜落場所を把握したのは翌日になる

米軍が救出の乗り出せば多数の生存者が救出されたはずです

当時の闇の集団に怒をおぼえます!!








日航ジャンボ機 - JAL123便 墜落事故 (飛行跡略図 Ver1.2 & ボイスレコーダー)







日航機墜落事故 生存者証言 【墜落瞬間の恐怖】 遺書 ボイスレコーダー









5 Aviation Accident Facts: JAL 123





JAL 123便について





【閲覧注意】日航機墜落事故 生存者が語った墜落までの生々しい証言が恐怖






【大竹まこと×森永卓郎×倉田真由美】 日航機123便墜落事故の謎 真相を追った元日航客室乗務員!




123便の残骸か…相模湾海底で発見 日航機墜落30年(15/08/12)





墜落機、確認直後の映像 日航事故、陸自が空撮




日航機墜落事故 17年目の証言①





日航機墜落事故から34年








日航機墜落事故で遺族が音声・飛行データ開示求め提訴(2021年3月26日)





日航機墜落事故から36年 灯籠点灯し犠牲者に祈り(2021年8月12日)





【独自】日航機墜落事故から36年 機体の一部がみつかる








響く鐘の音・・・日航機墜落36年 遺族“静かな祈り”(2021年8月12日)


























清水港祭りが今日4日~5日あり清水港に自衛隊や海保の船が入港しており
一般公開しているとのことで港にいってきました
入港艦船は下記のとおり6隻でした
海上保安庁 巡視船{やしま}5200トン(巡視船としては世界最大)
海上自衛隊 護衛艦{まきなみ}
海上自衛隊 護衛艦{しらゆき}
海上自衛隊 護衛艦{さわゆき}
海上自衛隊 掃海艇{やえやま}
海上自衛隊 掃海艇{はちじょう}

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38


イメージ 39


イメージ 40


イメージ 41


イメージ 42


イメージ 43


イメージ 44


イメージ 45


イメージ 46


イメージ 47


イメージ 48


イメージ 49


イメージ 50


イメージ 51


イメージ 52


イメージ 53


イメージ 54


イメージ 55


イメージ 56


イメージ 57


イメージ 58


イメージ 59


イメージ 60


イメージ 61


イメージ 62


イメージ 63


イメージ 64


イメージ 65


イメージ 66


イメージ 67


イメージ 68


イメージ 69


イメージ 70


イメージ 71


イメージ 72


イメージ 73


イメージ 74


イメージ 75


イメージ 76


イメージ 77


イメージ 78


イメージ 79


イメージ 80


イメージ 81


イメージ 82


イメージ 83


イメージ 84


イメージ 85


イメージ 86


イメージ 87


イメージ 88


イメージ 89


イメージ 90


イメージ 91


イメージ 92


イメージ 93


イメージ 94


イメージ 95


イメージ 96


イメージ 97


イメージ 98


イメージ 99


イメージ 100


イメージ 101


イメージ 102


イメージ 103


イメージ 104


イメージ 105


イメージ 106


イメージ 107


イメージ 108


イメージ 109


イメージ 110


イメージ 111


イメージ 112


イメージ 113


イメージ 114


イメージ 115


イメージ 116


イメージ 117


イメージ 118


イメージ 119


イメージ 120


イメージ 121


イメージ 122


イメージ 123


イメージ 124


イメージ 125


イメージ 126


イメージ 127


イメージ 128


イメージ 129


イメージ 130


イメージ 131


イメージ 132


イメージ 133


イメージ 134


イメージ 135


イメージ 136


イメージ 137


イメージ 138


イメージ 139


イメージ 140


イメージ 141


イメージ 142


今日5日は清水港祭り2日目です

海上保安庁の巡視船{やしま}の一般公開があるとゆことでまた清水港にいってきました

今日は海上エアーショーとゆうことでエアロック・エアロバテイックによる曲技飛行もあり

浜松基地よりT-4静浜基地よりT-7が祝賀飛行もあり

夜は海上花火大会もあり大変に楽しめた1日でした


祝30000ヒット達成!!いつも見てくれてありがとうございます

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33


イメージ 34


イメージ 35


イメージ 36


イメージ 37


イメージ 38


イメージ 39


イメージ 40


イメージ 41


イメージ 42


イメージ 43


イメージ 44


イメージ 45


イメージ 46


イメージ 47


イメージ 48


イメージ 49


イメージ 50


イメージ 51


イメージ 52


イメージ 53


イメージ 54


イメージ 55


イメージ 56


イメージ 57


イメージ 58


イメージ 59


イメージ 60


イメージ 61


イメージ 62


イメージ 63


イメージ 64


イメージ 65


イメージ 66


イメージ 67


イメージ 68


イメージ 69


イメージ 70


イメージ 71


イメージ 72


イメージ 73


イメージ 74


イメージ 75


イメージ 76


イメージ 77


イメージ 78


イメージ 79


イメージ 80


イメージ 81


イメージ 82


イメージ 83


イメージ 84


イメージ 85


イメージ 86


イメージ 87


イメージ 88


イメージ 89


イメージ 90


イメージ 91


イメージ 92


イメージ 93


イメージ 94


イメージ 95


イメージ 96


イメージ 97


イメージ 98


イメージ 99


イメージ 100


イメージ 101


イメージ 102


イメージ 103


イメージ 104


イメージ 105


イメージ 106


イメージ 107


イメージ 108


イメージ 109


イメージ 110


イメージ 111


イメージ 112


イメージ 113


イメージ 114


イメージ 115


イメージ 116


イメージ 117


イメージ 118


イメージ 119


イメージ 120


イメージ 121





イメージ 122


イメージ 123


イメージ 124


イメージ 125


イメージ 126


清水港祭りが今日4日~5日あり清水港に自衛隊や海保の船が入港しており

一般公開しているとのことで港にいってきました

入港艦船は下記のとおり6隻でした

海上保安庁 巡視船{やしま}5200トン(巡視船としては世界最大)

海上自衛隊 護衛艦{まきなみ}

海上自衛隊 護衛艦{しらゆき}

海上自衛隊 護衛艦{さわゆき}

海上自衛隊 掃海艇{やえやま}

海上自衛隊 掃海艇{はちじょう}


M93ホーネット地雷


M93ホーネット地雷はアメリカのある対戦車地雷、それは離れてその位置から100メートルにターゲットを攻撃できる広域地雷、です。

007

開発

1987年8月HoneywellDefenseSystemsTextronInc。開発契約が交わされました。1990年4月にTextronはシステムの開発を完了する契約を交わされました。

説明

M93は、地震センサーと音響センサーの両方を使用して、鉱山の近くの潜在的なターゲットを追跡および識別します。地雷が範囲内の適切なターゲットを検出すると、地雷はターゲットに面するように向きを変え、子爆弾ランチャーを正しい角度に上げます。次に、ガス発生器を使用して、ターゲットの方向に子爆弾が発射されます。子爆弾赤外線センサーは、移動中に地面をスキャンしてターゲットを探します。ターゲットが検出されると、子爆弾はミスナイシャルディン効果の弾頭をトリガーし、450グラムのタンタルスラグを、トップアタックでターゲットに向かって下向きに多数の小さな破片とともに投影します。


M93 HORNET [広域弾薬の家族-WAM]
WAM(Wide Area Munition)は、スマートで自律的なトップアタックの対タンク/対車両弾薬であり、スタンドオフ距離から装甲戦闘車両を打ち負かすように設計されています。WAMは、地上プラットフォームの音響センサーと地震センサーを利用して、潜在的なターゲットを検出、追跡、分類し、選択したターゲットの上に赤外線検出子爆弾または「サブレット」を発射します。サブレットがターゲットを検出すると、爆発的に形成されたペネトレーター(EFP)を発射して、ターゲットを打ち負かします。対象車両には、戦車(T-72、T-80など)、ブリーチャー(KMT-4 / 5など)、軽装甲の追跡車両(BMP、152 mm SPHなど)が含まれますが、これらに限定されません。およびBMD)。現在LRIPにあるバリアントは、Hand Emplaced WAM(HE-WAM)として指定されています。1人で持ち運び、設置できるように設計されています。スタンドオフの致死半径が100メートル、周囲が360度であり、最終的な武装から目標の交戦まで完全に自律的である必要があります。WAMは、フィールド化されると、Joint Vision2010シナリオで陸軍にかなりの正確な交戦力を提供します

説明:Hornetは、4つの連続したフェーズで開発されています:1)基本的な手動設置(HE-Hornet)、2)リモートコントロールのオン/オフ/オンおよび再展開機能を備えたHE-Hornet製品の改良(HE-Hornet PIP#1)、3) HE-Hornet PIP#2は、車輪付き車両との交戦能力や対抗抵抗性の向上など、パフォーマンス機能が向上しています。4)ディープアタックバージョン(DA-Hornet、ロケット、ミサイル、固定翼航空機で提供)。すべてのバリアントに共通のホーネットには、スタンドオフ検出およびエンゲージメント機能があります。最大100メートルの範囲で上からターゲットを攻撃し、モビリティキルを提供します。基本的なHE-Hornetは、追跡された装甲車両と交戦し、手動またはM71 MOPMSリモートコントロールユニット(RCU)によって武装することができます。HE-Hornet PIP#1は、CIRCERCUによってリモート制御されます。


Wide Area Munitionは、次の3つの主要なサブシステムで構成されています。

  • 通信モジュール、
  • 地上プラットフォームモジュール、および
  • スマートな子爆弾/弾頭(サブレット)モジュール。
展開されると、WAMはそれ自体を直立させ、ターゲット車両を自律的に検索します。WAMは、音響センサーと地震センサーを使用して、装甲ターゲットを特定、識別、追跡します。発射ソリューションが満たされると、WAMはターゲット上の軌道でサブレットを発射します。サブレットは、パッシブ赤外線センサーを使用してターゲットを検出し、脆弱な領域で爆発的に形成されたペネトレーター(EFP)を発射します。さらに、WAMには、戦場のクリーンアップを容易にするコマンド破壊機能があります。

ステータス:ホーネットプログラムは1986年に陸軍省のメッセージで始まりました。必要な運用能力文書が1990年に承認され、優先順位が付けられた3段階のWAM開発計画((1)ディープアタック、(2)手動設置、(3)火山設置)の概要が示されました。ソビエト連邦の崩壊と早期参入作戦の重要性の高まりに伴い、優先順位は(1)手動で配置され、(2)双方向の通信と再展開可能性を備えた手動で配置され、(3)深い-攻撃。


当初、契約は2社の請負業者に授与されました。Alliant TechsystemsのWAMプロトタイプは、Sense and Detrose Armor(SADARM)砲弾頭に基づいていました。Textron Defense Systemsのプロトタイプは、米国空軍の拡張範囲の対装甲弾薬のプロトタイプに基づいていました。Textronは1990年のコンテストで優勝し、現在は唯一の請負業者です。
基本的なHE-Hornetの最初のユニット装備(FUE)の日付は、98年度第4四半期に予定されていました。HE-Hornet PIP#1はエンジニアリングおよび製造開発中です。そのFUEは2001年度第2四半期に予定されています。HE-HornetおよびHE-HornetPIP#1の初期運用能力量は、それぞれ4QFY99および2QFY02に達します。
ユニットは、個人および集団のトレーナーを受け取ります。弾薬保管施設に配達された実際の実弾。広域弾薬(WAM)訓練装置は、訓練戦場で最大100メートル離れた指定された標的を検出、識別、および交戦します。シミュレーションは、視覚的なリアリズムのために戦場に「ダミー」のWAMを配置し、制御するコンピューターシステムにWAM地雷原情報を入力することで構成されます。コンピューターオペレーターは、戦場のシナリオに基づいて、システム上のWAMのサイズ、形状、および数を入力します。追跡された車両が「ダミー」地雷原から100メートル以内に近づくと、車両は制御コンピュータシステムに信号を送信します。次に、システムは「殺害」の確率を自動的に決定します。その結果、カトロストップキル、モビリティキル、またはキルなしになる可能性があります。キルが発生した場合、システムは車両にキルのタイプを警告するため、車両のオペレーターはそれに応じて行動します。WAMトレーニングデバイスは、現実的なトレーニング環境を提供し、戦闘トレーニングセンター(CTC)の戦場シナリオの不可欠な部分です。

M93ホーネット地雷

説明

これは、アメリカのM93 Hornetで、爆発性が高く、自律型で、手動で展開され、手動またはリモートで武装し、トップアタック、成形爆薬、対車両地雷です。M93ホーネットは円筒形の金属とプラスチックボディの対車両地雷であり、その貫通成形爆薬効果によって車両を損傷または破壊するように設計されています。トレーニングバージョンはM98ホーネットと呼ばれています。M93は、半径100m以内のあらゆる場所のターゲットを攻撃できるカウンターモビリティ地雷です。これは、バネ仕掛けの脚と子爆弾(ガス発生器によってターゲット上で回転運動を開始する)によって組み立てられ、支持された地上発射装置で構成されています。地震センサーと音響センサーは、グラウンドランチャーに組み込まれています。彼らは、地雷の近くを移動するときに、ターゲットを検出、分類、追跡、およびエンゲージします。M93は膝丈で、直径は約20cmです。一人で持ち運び、設置できるように設計されています。M93ホーネットは、ほとんどのフィールド条件下で、金属探知機と同様に視覚的に検出できます。CAT-UXOメンバーは、追加の画像と技術情報を利用できます。
333


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21







M93 HORNET [Family of Wide Area Munitions - WAM ]


The WAM (Wide Area Munition) is a smart, autonomous top attack anti-tank/anti-vehicle munition, designed to defeat armored combat vehicles from a standoff distance. The WAM utilizes acoustic and seismic sensors in its ground platform to detect, track, and classify potential targets, and then launches an infrared detecting submunition or "sublet" over the top of the selected target. Once the sublet detects the target, it fires an explosively formed penetrator (EFP) to defeat the target. Target vehicles include, but are not limited to, tanks (e.g., T-72, and T-80), breachers (e.g., KMT-4/5), and lightly armored tracked vehicles (e.g., BMP, 152-mm SPH, and BMD). The variant currently in LRIP is designated as the Hand Emplaced WAM (HE-WAM). It is designed to be carried and emplaced by one person, to have a standoff lethal radius of 100 meters, 360 degrees around, and to be fully autonomous from final arming to target engagement. The WAM, when fielded, will provide considerable precision engagement force for the Army in the Joint Vision 2010 scenario


M93 Hornet mine (Mina do spec do combat arms real)










XM93 Hornet mine



POM-2 mine in operation
POM-2 mine in operation






M93 Hornet Functions Video w/o Audio





Family of Scatterable Mines (FASCAM)






BLU-108 'Commercial' ( with Live Footage from Eglin AFB) by Textron Industries




















↑このページのトップヘ